電力自由化を行った時に発生するメリットやそのリスクについて

一般家庭や規模の小さい企業やコンビニエンスストアなどの建物でも電力の自由化が認められるようになる

電力自由化とは、電力会社の地域独占を解放し、他の地域の電力会社からの電力供給を受ける事が出来るようになった事を言います。2016年では、大規模な企業や高圧電力を使用する建物でなく、一般家庭や規模の小さい企業やコンビニエンスストアなどの建物でも自由化が認められるようになる事が分かっています。
これは、現在ではすでに自由化が行われている範囲が広まっており、2000年には大量の高圧の電気を使用する必要がある大規模な建物の高圧電力の自由化が認められるようになり、2005年には高圧であると分類される建物のほとんどが電力会社との契約が自由化されるようになったという事が言われています。

自分に合った電力会社、料金プランを選べ、省エネや電気料金の節約に繋がるというメリット

それでは、この電力自由化を行う事によって、どのようなメリットが発生するのでしょうか。その事について詳しく説明していきます。
まず、一番大きなメリットとしては、自分に合った電力会社を選べるといった事が挙げられます。電力会社を自分で選ぶ事によって、自分に合った料金プランが選べるようになり、省エネや電気料金の節約が出来る事に繋がります。
また、電力自由化が導入される事によって、電力会社側にも顧客を集めようとする働きが盛んになり、競争率が高くなるなどの変化が起こる事が分かります。そのため、今まで受けられなかった新たなサービスを受ける事が出来るようになるといった事や、トラブルなどに対応するための電話サポートや接客態度などにも力を入れるようになるという事も予測されています。

多くの電力会社の中からサービスや料金プランを調べ、自分に合った電力会社を選ぶ手間がかかる

しかし、このように様々な嬉しいメリットが発生する事は良い事だと言えるのですが、その分、どの電力会社と契約をして、どのようなプランを組む事が自分に合っているのかという事を知らなくてはいけないといった事が必要となってきます。そのため、「どのような電力会社があるのか」という事や「その電力会社ではどのようなプランがあり、どのようなサービスを受ける事が出来るのか」といった事を調べておいた上で契約をするといった手間がかかる事も現実です。
また、一般家庭向けのプランばかりが発生する事になるため、その他の建物に対する自由化が認められる利点はあまりないという事も言われています。
また、いくつかの電力会社に契約が偏る事によって、需要が上がったり利用者が減るというそれぞれの理由などによって、電気料金が上がったり下がったりする事に大きな変化があるのではないかと考えられています。