電力自由化に向けて登場する東京電力の新たな料金プランとサービス

従来の月平均の電気使用量ごとに加え、時間帯や世帯数、オール電化であるなどの条件より4つプランから選択できる

東京

2016年4月から電力自由化がスタートします。そもそも電力自由化とは、これまで地域ごとに契約できる電力会社を決めていたものを、その制限をなくし、現在の電力会社だけでなく複数の事業者から選べるようにすることを指します。
それにより、それぞれの事業者から多彩な料金プランやサービスが提示され、よりライフスタイルに合った電力会社を選ぶことが出来るようになります。
東京都内にお住いの方であれば、契約者数の多い電力会社は東京電力ですが、電力の自由化に向けてどのようなサービスが始まるのでしょうか。その料金プランやサービスの変更点をご紹介します。
従来の料金プランは、月平均の電気使用量ごとに決められていました。しかし、新しいプランでは、月平均の電気使用量に加え、使用する主な時間帯や世帯数、オール電化であるかなどの条件により4つのプランから選ぶことが可能になります。もちろん従来のプランを継続することも可能です。

電気だけでなく、様々な分野・業種との提携により、お得なセット割引や特典等のサービスを提供

その他、電気だけでなく、「ガス・エネルギー」「携帯電話」「家電」「Webサービス」「ポイントサービス」など、様々な分野・業種との提携により、お得なセット割引や特典等のサービスも用意されています。その提携先は「ガス・エネルギー」でみてみると10社あり、提携先が多いのも東京電力の魅力の一つです。
ポイントサービスでは、電気料金に応じてTポイントまたはPontaポイントが貯まる契約特典があり、家計には嬉しい限りです。

地域に縛られることなくより自分に合ったプラン・サービスの選択が可能

既に新規申込や既存のプラン変更の事前受付が開始されており、どのプランがいいか分からないという方の為にも、試算してくれるサービスがあるので安心です。
また、電力自由化により提供可能なエリアが広がり、東京電力だけでなく、中部電力・関西電力サービスエリアの方も一部の料金プランを申し込むことが出来ます。地域に縛られることなくより自分に合ったプラン・サービスを選択できるのです。

変更の手続きを行わなければ、今まで通りのプランで電気が供給される

実際に新規申込や既存のプラン変更を希望する場合は、電話、ホームページからの受付が可能です。
その次に、スマートメーター未設置の方は交換を行います。申込を行えば、無料交換を行ってもらえるため手続きはいたってシンプルです。ただし、交換にはおおよそ2週間程度必要なため、早めに受付を済ませておきましょう。ここまで完了すれば、2016年4月以降、新しいプランでの電気の利用が出来ます。
2016年4月までに変更の手続きを行わなければ、今まで通りのプランで電気が供給されるため、料金が高くなる・供給が停止してしまうなどの心配はありません。各事業者ごとで、サービスが異なるため、調べる場合には住まいの地域に合わせて複数の事業者を比較できるサイトがお勧めです。様々なサイトを活用しながらライフスタイルに合ったプラン・サービスを検討することが必要です。