電力自由化がはじまったら東北電力はどう変わるのか

電力自由化が始まると、東北電力が電力供給してきた地域に、およそ20社の新規参入電力販売が検討されている

仙台

現在も、ビルやスーパーなど「高圧供給」を行っている場所ではすでに導入されている「電力自由化」ですが、ついに2016年4月からは一般家庭でもこれが導入されます。ちなみに、この制度の一番のメリットは「電気料金が安くなる可能性がある」という点です。
これまで東北地方では、東北電力が多くの地域に電力供給を行ってきましたが、これからはこの他におよそ20社の新規参入電力販売が検討されています。しかし、この数字はあくまでも検討の段階で、必ずしも4月からすぐに切り替えができると会社の数いうことではありませんのでご注意ください。

東北電力はお得なWEBサービスを開始し、会員登録すると毎月の電気料金確認やいつでもプランの見直しができる

また、東北地方では新規参入する電力販売会社の数が、他の地域と比べてあまり多くないのも特徴のひとつです。ですから、その分選べる会社やプランが少ないのがデメリットともいえますが、比較しやすいので選ぶことのできる制度やプランを十分に把握しやすいというのがメリットともいえます。
ちなみに、東北電力では電力自由化に伴い、お得なWEBサービスの先行会員登録がすでにはじまっています。予めこれに登録をすると、毎月の電気料金の確認はもちろんのこと、WEB上でいつでも簡単に、その都度料金プランの見直しができるようになっています。ですから、東北電力が新たにはじめるライフスタイルに合わせた料金プランの中からピッタリなものを選ぶことができるようになるのです。

時間帯別の電気料金割引のプランの選択で、電気料金を節約でき、さらにポイントも貯まる

気になるこの料金プランの内容ですが、夜の電気使用が多い人向けのプランや休日に家にいることの多い人向けのプラン、オール電化の住宅に住んでいる人向けのプランなどがあります。それぞれが電力を多く使う時間帯に電気料金が安くなるので、これまでよりも電気料金を節約できる可能性があります。
また、ポイントサービスもはじまるので、こういった点でも新規参入する電力販売会社と同じように、切り替えをしなくても同等のサービスをうけることができると予想できます。

切り替えしなかった場合は、今までの契約のまま電気を使うことができる

また、いろいろな電力販売会社と現在加入している電力会社とを比較したうえで、切り替えの必要がないと判断した場合には、そのままの契約で今まで通り電気を使うことができます。
太陽光発電設備がついている家の場合、売電期間や売電価格にも特に影響はありませんので、その点も安心して使うことができます。
まずは、どんな電力販売会社があるのか、料金プランはどうなっているかなどの情報を集めて、電力自由化がはじまっても慌てずに対応できるだけの知識を身につけることが大切です。