電力自由化の恩恵を最も受けるとみられている東京ガス

東京ガスにおいては、ガスで発電した電力を今までよりも安い料金で家庭に提供する予定

2016年4月から、多く企業が電力事業に参入ができるようになる電力自由化が開始されることになります。この電力自由化にあたっては、すでに大手の通信会社やケーブルテレビ会社、総合商社などが電力事業への参入を表明しています。
しかし、新規の参入企業の中でも、最も自由化の恩恵に与れるのが大手のガス会社になるのではないかとみられています。とくにガス会社の中では、東京ガスが最も業績に与える影響が大きいとの見方が出ています。東京ガスにおいては、ガスで発電した電力を今までよりも安い料金で家庭に提供する予定となっています。この価格の安い電力を武器に既存の電力会社からの乗り換えを狙っています。
しかし、現状ではまだ宣伝広告が徹底していない状況があります。そのため、今後は営業マンを増員して、各家庭での電力料金の安さをアピールしていくことが行われることになります。
また、テレビCMを中心としたマスコミ媒体でも宣伝広告を強化していくことになると思います。そうした努力を行うことで利用者が電力料金の安さに注目をするようになれば、しだいにガス会社へ乗り換えをする人が増えていく可能性が出てくると考えます。

従来からのガスと電力を組合わせたセット販売で、毎月のガスと電力の利用料金を割り引くサービスを提供

また、東京ガスでは、従来からのガスと電力を組合わせたセット販売を行う予定となっています。ガスと電力のセット販売を実施することによって、毎月のガスと電力の利用料金を割り引くようにします。よって、ガスと電力のセット販売の利用者は、全体の利用料金を下げることができるメリットが生まれてきます。
大方の家庭では給湯器やレンジなどはガスを使っているために、ガスと電力とまとめて支払うことは難しくない環境があります。したがって、ガス会社ではガスと電力のセット販売を大きな武器にして、既存の電力会社からの乗り換えを促すように計画をしています。

大手のガス会社は知名度が高いために利用者にとっては安心

大手のガス会社ではすでにガスを利用してきた実績があったり、知名度が高いために利用者にとっては安心して乗り換えができるメリットが生まれています。そのため、異業種の新規参入組に比べると大手のガス会社は有利となることが期待されます。また、ガス会社では今回を機会として、ガスで発電をする家庭用の機器の普及を促すことも狙いとして挙げられます。
多くの家庭でガスによる発電が行われることで、今までガスを使わなかったオール電化の家庭にも利用者を増やす狙いがあります。オール電化の家庭では新規の顧客となるために、ガス会社にとっては大きなビジネスチャンスとなってきます。