電力自由化導入に伴った新電力(PPS)事業の流れについて

電力自由化をビジネスチャンスとして、新電力(PPS)事業者が増加している

2016年4月以降に導入が検討されている電力自由化という制度では、消費者が担当する電力会社を自由に選べることがポイントです。そのため料金プランなどを一から見直すことも可能ですが、この制度導入に伴って新電力(PPS)事業者の増加しています。これを一つのビジネスチャンスを考えていることによって、新しく事業を拡大している会社や企業の動きが強くなっています。
今までは電力会社が中心となって供給しており、選択肢についても必然的に小さくなっています。ですが電力自由化が導入されることによって、そういった流れがある程度緩和されて選択肢の幅が広がっていきます。
住んでいる場所にもよりますが、一般的に都心部に住んでいるとこういった選択肢の数が広がることが多いです。そのため選択肢の幅も大きく増えることから、より自分たちが重視するポイントに特化した会社選びをすることが出来ます。一方で田舎や地方に住んでいる世帯にとっては、今回の制度が導入されても結果的にあまりメリットが得られないこともあります。

大手コンビニのローソンも新電力(PPS)事業を始め、消費者向けのサービス案内を展開する

日本では合計100社前後が今回の制度に合わせて、新しく事業を展開している企業が発表されています。今まで通り電力会社で提供し続けるケースもあれば、これを機会に新しく事業を広げる会社もあります。
例えばローソンという会社は、日本国内や世界的にみても大手コンビニメーカーの1つとなっています。そんな全国展開しているローソンでは、電力自由化という制度導入に伴い新しく新電力(PPS)事業を始めることを検討しています。すでに会社で申し込みに関する手続きも進めており、消費者向けのサービス案内を展開しています。
他にも電化製品販売店といった企業でも、この制度をきっかけに電気を販売する動きが目立つようになっています。2016年4月以降になると導入される制度ですが、これは日本経済を動かす1つのきっかけになると予測されています。

消費者は各会社のサービスやプランを総合的に比較し、最終的にどの会社のプランにするか選択

電気というものは、人が生活をする上において欠かすことが出来ない物となっています。しかし目に見えないエネルギーとなっているので、各会社では独自のサービスやプランなどが用意されています。それらを総合的に比較をして、消費者は最終的にどこの会社のプランを利用するか選択していきます。
確かにこういった制度が導入されていますが、今まで通り電力会社から電気を使うという選択肢ももちろん可能です。その場合には特別な手続きなどをする必要はないので、会社などに何も書類などを送る必要もないのがポイントです。