電力自由化、ソフトバンク東京電力の電気と契約、ソフトバンクユーザーに特典

東京電力の電気をソフトバンク社を通じて申し込むと、セットプランでいろいろな特典を受けられる

2016年4月より一般家庭の電力自由化が始まります。各企業いろいろなサービスを展開していてますます熱くなっています。
モバイル通信会社であるソフトバンク株式会社(以下SB社)は電力サービス「ソフトバンクでんき」を2016年4月より提供開始いたします。SB社の電力サービスは東京電力株式会社との業務提携により電力を供給するシステムです。
東京電力の電気をSB社を通じて申し込むと、携帯電話・スマートフォン、インターネット通信とのセットプランでいろいろな特典を受けられます。

「スタンダード(S/L/X)」、「バリュープラン」、「プレミアムプラン」の3種類のプラン

同社が取り扱うプランは「スタンダード(S/L/X)」、「バリュープラン」、「プレミアムプラン」の3種類があります。このうちバリュープランは、東京電力から申し込みができないソフトバンクでんき独自のプランとなっています。

■「スタンダードS/L/X」プラン
スタンダードSプラン:ブレーカー契約です。60アンペアまでの一般家庭ユーザー向けプランです。
スタンダードLプラン:ユーザー取り付けのブレーカーによる契約です。6kVA以上のヘビーユーザー向けです。
スタンダードXプラン:スマートメーターにより計測された30分ごとの使用電力を使って、過去一年間の使用電力実績から基本料金を決定するプランです。

■「バリュープラン」
「バリュープラン」使用電力料金が300kWhまでは定額制です。300kWhを超える電力からは割安料金が設定されており、電力使用量の多いユーザー向けのプランです。
また、電力使用量が300kwhに満たない場合でも、使用しない電力量に応じてTポイントが付与されるか、SB社の携帯電話で使用可能なデータ量還元のどちらかを選択できます。具体的には、300kwhを下回った5kWhごとにTポイントを50ポイント付与するか、携帯電話のデータ通信量0.15GB増やすか選ぶことができます。

■「プレミアムプラン」
「プレミアムプラン」使用電力料金が400kWhまでは定額制です。400kWhを超える電力からは割安料金が設定されており、バリュープランよりさらに電力使用量が多いユーザー向けのプランです。

SB社の電力サービスは、SB社と携帯電話の契約をしているなら特典があり電気料金も安くなる

SB社の電力サービスは手始めに、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアから提供を開始し、順次全国へ拡大する予定です。家族人数4人の平均的な家庭では、月々概ね400kWh前後の電力を消費すると予想されます。特に、冬場の暖房にエアコンを使用される場合、1か月で500kWh前後の電力を消費することでしょう。
SB社と携帯電話の契約をしている場合、何かと特典があり電気料金も安くなるのであればお勧めいたします。